兵庫県豊岡市で暮らしている男です。本や映画の感想、旅行の事、日々の暮らし など自由な感じで書いています。

タクリンの自由奔放ブログ

パソコン表示

生活

ダイハツムーヴL150Sのブレーキランプを自分で交換!!

投稿日:

仕事の帰り、

同僚の人が、

「車のブレーキランプの右側 多分きれてるよ~。」

って教えてくれました。

車によってはブレーキランプが切れたりしてたら
教えてくれたりする車種もあるそうですが、

僕の車の場合は、いっつも誰かが教えてくれないと
気がつきません。

日常点検のブレーキランプなんて確認しないですからね。
教えてくれると本当にありがたいですね。

いつもだったら、すぐにディーラーにもっていって
修理するのですが、

 

自分の家を購入してから、
なんでも自分でとりあえずやってみる。


というような楽しみ方ができるようになってきました。

ちょっと昔の自分だったら、
そんないちいちめんどくさいことやりたくね~。
でしたけど。

だんだん趣味とか生き方とか変わってきたのかな~って
思います。最近の趣味はもっぱら庭いじりです 笑

で車の話にもどしますが、
家に帰ってから、

自分でブレーキランプの確認をしてみようと思ったところ、

「自分でブレーキランプはみれない。」

ということに気がつきました 笑

フォグランプはつくのは、確認できたのですが、

ブレーキランプは踏まないとみれない…。

積んでいた傘を使って、

運転席のシートと傘を利用して、
ブレーキを踏んだままにできないか?

いろいろやってみましたがうまくいかず、
結局、娘に手伝ってもらうことに。

確認してみたらやっぱり切れてる…。

でいろいろ調べてみたら、
このランプが必要でした。

【KOITOノーマル球 4-02 12V21/5W T20ダブル】

KOITO ノーマルバルブ4-02 T20ウェッジ球 12V21/5W クリア P1891
by カエレバ

今回の場合、右側だったので、
ちょうどドアが開いた隙間のボルトを外す必要がありました。

右側は後ろのトビラがちょっと邪魔になるので、
このような工具があれば大丈夫です。

で手順は

① ボルトが2箇所とまってあるのでそれをはずす

② ライトのカバーがプラスチックの留め具で3ケ所
  くらいとまっているので、引っ張ってはずす。

  

  この時、引っ張るだけだとちょっと厳しいので、
  マイナスドライバーなど隙間にかませながら
  徐々に外していくのがいいかなと思いました。

③ ランプがついてるソケットの部分を左回しではずす

④ ライトをひきぬき交換する。

⑤ 再びブレーキを踏んでみてライトがつくか確認してみる

⑥ ライトがついたらカバーをつけて再度光るかどうか確認してみる。

という感じです。

この車をのってからもう十年以上で走行距離は
140,000キロになりましたが、こういった交換するのは人生で初めてでした。

お金を払って人にやってもらってもいいかと思いますけど、
自分でできるようになると、なんかいろいろ楽しくなってくるな~って
最近気がつきました。

ワイパーのゴムですら、自分で交換したことがなかったのですが、
それも先日自分で交換してみました。自分でやる幸せに気がつきました 笑

時間がある方は是非、自分でやってみてください。
できるようになるって楽しいもんですよ。

パソコン表示で336

パソコン表示で336

-生活

Copyright© タクリンの自由奔放ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.